2日間で最速マスター iPhoneアプリ開発実践セミナー

iPhone/iPadアプリ市場

世界の人々を魅了するiPhone/iPad

iPhone4-1.jpg世界各国で不況に陥っている中、大成長している市場があります。それは、スマートフォン市場です。2007 年から発売されたスマートフォンは、年々出荷台数が増え続け、現在2010年では3000万台以上と急速に普及しております。その市場を担っているのが、 Apple社のiPhoneです。iPhoneは、2009年に市場を席巻し、スマートフォン市場において約7割のシェアを獲得。ネットワークと販売を提携先の通信事業者(日本においてはSoftbank)に任せたことで、販売開始から短期間で高度に成熟した生態系を世界中に構築して成功しました。さらに、iPadを段階的に発展させるなど、消費者をうまく誘導するブランド戦略も秀でております。先日発売されたiPadは、既に300万台以上を売り上げており、iPhone4に関しては、たったの3日間で300万台以上を売り上げました。さらに、ジョブスCEOは「年内にはさらに驚くような新製品を出す」と宣言しており、今後ますますiPhoneやiPadが普及し、医療分野やエンタープライズ分野、教育分野、ゲーム分野など、さまざまな分野で使われていくことでしょう。これほど、人を魅了するデバイスは他にありません。

誰にでも気軽に挑戦できるアプリ市場

iphonepictureまた、iPhone/iPadアプリは、ユーザー数が増えると共にアプリが毎月1万本以上開発され続けており、現在アプリ市場には20万本を超えるアプリが存在します。アプリ市場の強みは、AppStoreにあります。これほど簡単にクレジットカードを使わなくとも決済ができるアプリケーションの入手手段は、PCの世界にもなかったと思います。そして、販売する個として参加するハードルが規模に対して非常に低く、誰にでも参加できる市場です。さらに、簡単に日本だけでなく世界中に販売できるという仕組みも、大きな魅力の一つです。是非、あなたも「こんなアプリがあったらいいのに」、「このアプリを作れば絶対売れる」というようなアイデアをぶつけて挑戦し、次世代アプリプログラマーを目指して下さい。